同人サークル フリークスタジオ は”ソープという名の覚せい剤”を 2018年06月10日 付けで発売を開始

同人サークル フリークスタジオ は”ソープという名の覚せい剤”を 2018年06月10日 付けで発売を開始

ソープという名の覚せい剤
同人誌のサークル フリークスタジオ は、2018年06月10日 付けで同サークルが制作した"ソープという名の覚せい剤"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:ソープという名の覚せい剤
発売日:2018年06月10日
パッケージ参考画像

サークル名:フリークスタジオ
参考資料:Android対応 iPhone・iPad対応 ブラウザ視聴 男性向け 風俗・ソープ ノンフィクション・体験談 ドラッグ 色仕掛け 売春・援交 ビッチ 痴女 成人向け サラリーマン 退廃・背徳・インモラル 催眠・洗脳

作品紹介記事


出張で訪れた岐阜駅。ビールを飲み、少し酔った勢いでの、せっかく岐阜駅にまできたんだから、ということでの、ソープ街。金津園観察。男はそこで、見てはいけないモノを、目にする・・・。素人女とはレベルが違う、ハイスペックなソープ女との生殖行為。1発キメたら人生終了。覚せい剤を脳に垂らされたマウスのように。ソープの魅力に取りつかれていく。これは、とある男の体験談。そして次はきっと。これを読んだ、この麻薬の解説書を読んでしまった、あなたの、番・・・。----------------------------当作品は、1ページが見開き構成を意識した作りになっています。(1ページ内に実質的に左右ページ用2枚のCGがある作り)そのため、ビューアで表示させる際は、ビューアによる見開きはせずとも、1枚1枚表示させるだけで見開きとなるため、見開き機能を『OFF』にして、お楽しみください。53ページ(うち差分7ページ)カラー漫画jpg,PDF同梱
参考ダウンロード 価格:604円



ソープという名の覚せい剤 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

ソープという名の覚せい剤