美少女ゲーム 「 ご主人様は、お父さん 〜妻には言えないヒミツの遊戯〜 PLAY MOVIE 」が 2018年09月13日 付けで発売開始

ご主人様は、お父さん 〜妻には言えないヒミツの遊戯〜 PLAY MOVIE

2018年09月13日 付けで美少女ゲーム"ご主人様は、お父さん 〜妻には言えないヒミツの遊戯〜 PLAY MOVIE"の発売が開始されました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ


作品タイトル:ご主人様は、お父さん 〜妻には言えないヒミツの遊戯〜 PLAY MOVIE
発売日:2018年09月13日


作品紹介記事


アダルトゲーム(エロゲー)をより簡単に。様々なデバイスに対応したプレイムービー!!どうやら今夜はすぐに眠らせてはもらえないらしい。このまま寝たフリをするのもいいが。やはり相手するのが夫の役目。欲求不満なかわいらしい愛妻を満たしてやろうじゃないか。「ひっ……んっ!? んぐっ! んうぅっ! んあっ……あっ、はぐ、ふひっ!? くっ、んぅぅっ!」いつもと違う反応を示す妻に、俺はいきり立ったモノを押し込み、その生ぬるい肉壁を擦り上げる。正直、今までの‘千勢‘とのセックスに幸せを感じてはいるものの、満足できたことはなかったのだ。というのも――俺には千勢の前に、前妻‘紅美‘がいた。俺はべた惚れで、浮気の一文字すらも頭にないほどに‘紅美‘を愛し、また‘紅美‘も俺を愛してくれていた。俺は‘紅美‘と一生を添い遂げていこう。そう思っていた。だが――‘紅美‘は十数年前に事故で……「あっ、はぐぅ……あっ、んぐぅっ! うん、して……もっと、いっぱい……ひっ! あっ、んひぃーっ!」「どうした? 強く入れてないぞ。それじゃまるで――」言いかけた俺は、そこで言葉を飲み込んでいた。なんだろうか、この違和感は。「はぁ……、ん……ぅ、はぁ……も、もう、大丈、夫……い、痛み、おさまってきたから……もっとしていいよ……んぐぅっ……あ、いっ、ひっ……!」「痛み……?」聞こえたつぶやきに、ぞくんとしたものが背中を走る。――まさか。「だってお父さん……、再婚したら、あの人ばかり見てる……。今までは、私のことを見てくれたのに……。お父さん、再婚してから変わった……今まで私のこと気にかけてくれたのに。気にしてもくれない。そんなに邪魔? 私」俺は息を飲む。そこには‘紅美‘を鏡で映した様な姿の 娘‘はずみ‘がいた――
参考ダウンロード 価格:1080円


ご主人様は、お父さん 〜妻には言えないヒミツの遊戯〜 PLAY MOVIE 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

ご主人様は、お父さん 〜妻には言えないヒミツの遊戯〜 PLAY MOVIE