同人誌のサークル GREENWAY 「 コトノハ ~壊れた少女と精喰霊~ 」を 2018年10月07日 付けで発売開始

コトノハ ~壊れた少女と精喰霊~
同人誌のサークル GREENWAY は、2018年10月07日 付けで同サークルが制作した"コトノハ ~壊れた少女と精喰霊~"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:コトノハ ~壊れた少女と精喰霊~
発売日:2018年10月07日
パッケージ参考画像

サークル名:GREENWAY
参考資料:iPhone・iPad対応 Android対応 処女 伝奇 フェラ 男性向け 制服 サスペンス 成人向け ブラウザ視聴

作品紹介記事


あの子のことを知らない。知ってるけど知らない。正確に言えば、あの子はクラスメイトであることと、最近では文化祭の実行委員になっていること。普段は教室で本を読んでいる。どんな本を読んでいるかは知らない。『言葉』という単語で古今和歌集や旧約聖書まで語りだすそんな女子だ。「文化祭のクラス発表でね、ちょっと相談があるんだけどいいかな?」優等生の気質といったところだろうか。誰に対しても差別することなく、文化祭について熱心でない自分にさえこうして、まるで息を吸うように毎日の決まった友達に挨拶するようにまるでそうすることが当たり前であるかのように接してくるところは・・・どことなく苦手意識があったのは事実だ。話を戻すことにしよう。このような一見地味な外見のおとなしい子に見える彼女だが1つだけ確実に知っていることがある。それは・・・この特有の感度の高いセンサーのせいだ。彼女の胸は・・・大きい。大きさだけで言えば学校でトップ争いをする程、腰のくびれからの全体的な美しさで言えば美乳という意味では圧倒的に首位に君臨するのではないかと。制服の中に隠された事実に、もちろん見たわけではないのだが確信のようなものを抱いていた。ただ、それと相談を受けることとは別問題だ。僕にも感情はある。ただ、個人的な感情だけで、困り果て僕を頼りにしてきている彼女を見捨ててしまっていいのか、それは人としてどうなのかとも考え・・・受けることにした。しかし・・・あの日、あの教室で彼女が最初に口にしたのは全く予想もしないことだった。「ねぇ、言葉の力って信じる?」あの子の事を知らなかった。その心の奥に隠された本当の意味を・・・彼女は・・・僕だけを殺そうとした。収録時間:約1時間CV:いちかイラスト:esugi制作:GREENWAY
参考ダウンロード 価格:1036円



コトノハ ~壊れた少女と精喰霊~ 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

コトノハ ~壊れた少女と精喰霊~