美少女ゲーム 「 ハブられ。 PLAY MOVIE 」が 2018年11月22日 付けで発売開始

ハブられ。 PLAY MOVIE

2018年11月22日 付けで美少女ゲーム"ハブられ。 PLAY MOVIE"の発売が開始されました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ


作品タイトル:ハブられ。 PLAY MOVIE
発売日:2018年11月22日


作品紹介記事


アダルトゲーム(エロゲー)をより簡単に。様々なデバイスに対応したプレイムービー!!とある学園――。木戸 翔平(きど しょうへい)は、いつも通りに親友、出原 弦太(いではら げんた)と深夜アニメの話をしています。翔平は親友にあいづちを返しながら、ちらりと視線を向けます。そこにいるのは、眼鏡をかけたクラスメイト野々原 葵(ののはら あおい)。彼女のことは幼少の頃から知ってはいるものの、そこから先の進展はなく、お友達というよりもお知り合い状態が続いていました。(きっかけがないんだ。それさえ、あれば……)そんな翔平とクラスメイトの仲はそこそこで、問題という問題は起こっていません。――ですが、それは表面上だけのことで。翔平と弦太の帰宅後に、クラスは真実の姿を現すのです。「毎度のことだけど、キョドの相手押しつけてホントごめんね。とはいっても、相手ってほどのことはしてないんだけど」「当たり前です。誰が、あんなのの相手なんか……」と翔平の悪口を言う野々原 葵(ののはら あおい)と和泉 夏帆(いずみ かほ)そんな二人に数人のクラスメイト達が寄ってきてさらに悪口を重ねます。「あ、そうだ。キョドがコクれるようにセッティングしてみるからさ、そこでフってやりゃいいじゃん」男達の遊びにムッとする葵。そんな尖った葵の気持ちを和らげるように、夏帆は葵の胸を揉んでいきます。「ひゃっ!? ちょっ……どこ、触って……んんっ」「相変わらず敏感だね。小ぶりでかわいいし」そのまま葵の小ぶりな丘に吸いつく夏帆。いきなり始まったプレイに、クラスの半数ほどは教室から出ていくのですが、淫らな熱にあおられるように残った半数は参加していきます。「葵ちゃんも素直になろうよ。キョドを仲間はずれにして気持ちよくなっちゃおっ」
参考ダウンロード 価格:864円


ハブられ。 PLAY MOVIE 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

ハブられ。 PLAY MOVIE