同人サークル まじっくハウス は”その夏は二度目の青春を”を 2018年12月08日 付けで発売を開始

その夏は二度目の青春を
同人誌のサークル まじっくハウス は、2018年12月08日 付けで同サークルが制作した"その夏は二度目の青春を"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:その夏は二度目の青春を
発売日:2018年12月08日
パッケージ参考画像

サークル名:まじっくハウス
参考資料:成人向け 学園もの 女性向け 制服 アドベンチャー

作品紹介記事


作家である主人公と演劇部の部員たちとの青春物語【ストーリー】その年の夏、作家である結崎渚のもとにに訃報が届く。それは最愛の弟が事故で亡くなったというものであった。弟の死に実感が持てない渚は、落ち込み沈んだ日々を過ごした。そんなある日、渚のもとに弟の親友が訪れ、ある話を持ってきた。その話を聞いてみると、学園で演劇部に所属していた弟が書く予定だった脚本があり、その書きかけの脚本を渚に完成させて欲しいというものであった。そしてその日を境に、渚は居なくなった楓が送れなかった青春へと飛び込んでいく。人生二度目となるその青春の中で、渚は自分の知らない楓を知ることになる。【人物紹介】・結崎渚(ゆいざき なぎさ)学生の時に賞を取り、以来小説家として活動している女性。分かり易いことが好きで、面倒なことを嫌う。社交的だがやや気が強く、誰に対しても物怖じしない。また自分と容姿がそっくりな、歳の離れた弟である楓のことを溺愛している。・東條要(とうじょう かなめ)演劇部に所属する三年生。クールで自信家な性格をしており、毒舌で人付き合いはやや苦手。容姿と演技力は演劇部随一で、学内外問わず人気が高い。演じることに対して真剣で、誰よりも真摯に向き合っている。・紺野尊(こんの みこと)演劇部に所属する三年生で部長。その面倒見と人当たりの良さで、部員からの信頼がとても厚い。孤高とも言える要と他の部員との緩衝役でもある。なんでもかんでも自分で背負い込んでしまう為、忙殺される日々を送っている。・赤穂佑(あこう たすく)演劇部に所属する二年生。楓の親友で、渚とも面識のある人物。裁縫が趣味で、演劇部の衣装作りを担当している。その技術力は誰もが認めるほどに高く、プロ顔負け。・新田雅(にった みやび)演劇部顧問。演劇については素人だが、生徒の為に全力でサポートしている。生徒からの信頼が厚く、若い見た目に反して落ち着きがある。
参考ダウンロード 価格:864円



その夏は二度目の青春を 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

その夏は二度目の青春を