美少女ゲーム 「 MMEdition 寝取り寝取られ催眠パック 」が 2018年12月14日 付けで発売開始

MMEdition 寝取り寝取られ催眠パック

2018年12月14日 付けで美少女ゲーム"MMEdition 寝取り寝取られ催眠パック"の発売が開始されました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ


作品タイトル:MMEdition 寝取り寝取られ催眠パック
発売日:2018年12月14日


作品紹介記事


本作の登場を記念して、Animブランド作品が最大50%OFFにて配信!『 「冬を先取り!Animブランド最大50%OFFセール! 』開催中!!!期間は1月11日(金)午後15時まで★お得にGETしちゃおう!!━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…『Anim』ブランドより2タイトルをまとめたお得なセット作品の登場です!!【収録作品】■NTR彼女はいじめられっ娘〜隠れ巨乳で眼鏡っ娘の彼女が、知らない間に×××の○○○にされてたなんて…〜【ソフ倫受理番号:0004900D】――彼女はいじめられていた。それは明らかだった。僕はそれを知っていながら、ただ見ているだけしかできなかった……。あの日までは――舞台はとある田舎の学園。村というほど小さくはない町で、小一時間車を走らせればそれなりに栄えた町へと出ることができる、そんな所にある学園だ。主人公『阪井信高』が所属するクラスには、少し前に転校してきたばかりの少女がいた。彼女の名は『塚田美希』しかし彼女の家はとても貧乏で、転校してしばらく経つというのに、新しく制服を買うことすらできないでいた。けれども、ゆるやかに閉鎖された町では、そんな些細なことでも刺激としては十分なのだろう。彼女はそれが原因で次第にクラスメイトから疎まれるようになる。最初はその貧乏そうな風貌や生活態度をからかうようなことを聞こえよがしに言ったり、嘲笑する程度だった…。ところが、彼女の母親が街の風俗で働いているという噂が広まると、事態は一変した。それまで傍観者だった女子たちも、一部ではあるが陰口をたたいたり、あからさまに無視をしたりするようになった。実際にいじめに加わっている人数自体は多くないが、他のクラスメイトたちは皆、関わり合いになりたくない、火の粉が降りかかるのは御免だといった様子で、とても彼女の味方をしてくれるような空気ではない。かく言う信高自身も、過去の一時期にとある理由からいじめられていた経験があり、ちょっとしたトラウマとなっていた。そのため単純に正義感から美希を助けようとは思えず、ほかのクラスメイト同様、彼女と関わるのを避けていた。そんなある日の下校中、信高は土手の橋の下に、美希がぐったりと倒れているのを見つけてしまう。倒れた美希に駆け寄って理由を聞くと、クラスメイトの男子に突き落とされてしまったのだという。すでに暗くなってきたのと、彼女が足を挫いていたこともあって、信高は肩を貸しながら家まで送ることにした。そのときに信高は、はじめて美希の顔をはっきりと見ることになる。しかも今までにないくらい近くで…普段は眼鏡で隠れて良く分からなかった容貌も、近くで見るととても整った顔をしていることに気づかされる。身体に当たって初めて知る彼女の大きな胸と、その柔らかさ。仄かな甘い匂いや、包み込むような身体の暖かさも伝わってきて、内心ドギマギしてしまう。そして不意に見せた仄かな笑みが、信高の心を鷲掴みした。これを機に、信高は彼女に対して好意を抱くようになる。このときの出来事をきっかけとして、二人の運命は大きく変化していく……■兄貴の妻は俺の肉妻(オマエのモノはオレのモノ)〜夫には見せない淫らな貌を義弟に晒す巨乳若妻〜【ソフ倫受理番号:0005459D】大学受験に失敗した凌汰は、浪人生として予備校に通うため、兄夫婦の家に居候することになる。だが優秀で容姿も端正な兄秀哉は、主人公にとってコンプレックスの対象であった。勉強もやる気が起きず、早くに予備校にすら行かなくなった主人公は、家に引きこもりがちになってしまう。それを当然のように注意してくる兄。凌汰の苛立ちは募るばかりだった。そして兄嫁萌夏の、勉強を教えてあげようかという提案も、嫌いな兄の妻に教えられることに抵抗感を覚え、断ってしまう。さらには、女性慣れしていない凌汰は、萌夏にちょっと触れられるだけでも股間が疼いてしまう。それが美人な兄嫁となれば、尚更だった。そうした自分も今の生活も何もかも嫌になり、さらにダラダラと生活するようになっていく……。そんなある日、兄嫁の自分に対する振る舞いが変化していく。■催眠カウンセラー 〜元上司のJK娘を堕とす報復の肉穴催眠〜【ソフ倫受理番号:0005864D】ある日突然リストラにあった船越澄也は、転職サイトを探すうちに自己啓発セミナーのサイトを見つける。普段ならスルーするようなセミナーの売り文句だったが、傷心の澄也は思わずそれに参加してしまう。けれど思いの外ハマってしまった彼は、あれよという間に常連となっていった。そんなある日、熱心な態度が評価されたのか、主催者側から特別セミナーへと誘われる。無料ということもあり、抵抗なく参加する澄也だったが、そこが運命の分かれ目だった。その特別セミナーで行われていたのは、催眠で女性を操り犯すという光景だった。そして知らされる真実。このセミナーの主催者達は、催眠によって特定の女性を催眠娼婦へと変えて売買することを目的とした組織だったのだ。秘密の共有と引換に、催眠調教師となるか、全てを忘れ再び絶望の日々に戻るかの選択を迫られる澄也。だが澄也はその異様な場において、恐ろしさとともに心のなかから生じる期待感に気づいていた。――「この業(わざ)を使って、俺も新しい人生を始めたい……!」そんな欲求もあり、葛藤の末、彼は組織の一員となることを決意する。数ヶ月後、一連の催眠技術をマスターした澄也は、かつて自分をリストラに追い込んだ上司達の娘が通う学園にて、那輿章泰と名乗り、学園カウンセラーとして着任していた。――組織より課された最終試験の内容は、対象となった女を、自分自身の力で商品(催眠娼婦)に作り上げ、納品すること。組織の計らいで、自分と因縁のある元上司の娘達を堕とすこととなった澄也。失敗できない試験への不安感。そして、その子たちに罪はないと知りながらも湧き上がる復讐心。複雑な思いを抱えたまま、澄也の最終試験が始まるのだった。※ご購入後は、1タイトルずつダウンロードが可能です。
参考ダウンロード 価格:7920円


MMEdition 寝取り寝取られ催眠パック 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

MMEdition 寝取り寝取られ催眠パック