美少女ゲーム 「 サキガケ⇒ジェネレーション! 」が 2018年12月21日 付けで発売開始

サキガケ⇒ジェネレーション!

2018年12月21日 付けで美少女ゲーム"サキガケ⇒ジェネレーション!"の発売が開始されました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ


作品タイトル:サキガケ⇒ジェネレーション!
発売日:2018年12月21日


作品紹介記事


現代日本、初土湖(うぶつちこ)という湖のほとりにある美那浜町(みなはまちょう)が舞台となる。ゲーム好きの主人公・海棠秀穂(かいどうしゅうほ)は、自らが通う『初土学園(うぶつちがくえん)』に『エンターテインメント研究会』と称する同好会を作り、同じくゲーム好きの妹・海棠璃々子(かいどうりりこ)と親友・綿貫敦盛(わたぬきあつもり)の三人で放課後になるたびに集まってゲームを楽しんでいた。 そんな日々の中に現れた転入生・雪之宮杏音(ゆきのみやあのん)は『エンターテインメント研究会』の面々に「まだ誰もプレイしたことのないゲームをプレイしてみたくはありませんか?」と告げる。「是非プレイしたい」と沸きあがる三人に対し、璃々子の親友・紅藤友梨亜(べにふじゆりあ)は不信感をあらわにする。璃々子にすら明かしてはいないが友梨亜は現実(リアル)の‘魔法使い’であり、杏音から魔法の気配を感じとっていたのだ。だが、そんな説明するわけにもいかない理由では三人のゲームやりたい欲求を押しとどめることはできず、結局友梨亜も含めた五人で、杏音が持ち込んだまだ試作段階だというゲーム『Wizard Generation』をプレイすることになる。プレイを開始した途端、秀穂たちは自分たちが見たこともない大草原に佇んでいることに気がつく。『Wizard Generation』は、プレイヤーの五感すべてに訴えかける超リアル体感ゲームだったのだ。破格の新技術に驚愕を覚えつつもあっさり受け入れてしまう面々に、あまりにも非常識だと友梨亜は頭を抱えるが、その友梨亜もすぐに『Wizard Generation』の楽しさにのめり込んでいってしまう。秀穂たちがゲームばかりしていることに異を唱えるクラス委員・星咲桜花(ほしざきおうか)や、幼なじみのお姉さん・敷島(しきしま)なつめをも巻き込んで、秀穂たちは『Wizard Generation』を続けていく。だが、面々がゲームに興じている間にも、現実の世界は大きな転換期を迎えようとしていた――。
参考ダウンロード 価格:6800円


サキガケ⇒ジェネレーション! 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

サキガケ⇒ジェネレーション!