同人サークル めろんぱんつ は”クローン少女マリネ”を 2019年02月07日 付けで発売を開始

クローン少女マリネ
同人誌のサークル めろんぱんつ は、2019年02月07日 付けで同サークルが制作した"クローン少女マリネ"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:クローン少女マリネ
発売日:2019年02月07日
パッケージ参考画像

サークル名:めろんぱんつ
参考資料:男性向け 双子 監禁 強姦 異種姦 インテリ 中出し 拘束 成人向け ミニ系 ロールプレイング 調教・奴隷

作品紹介記事


地味で真面目なメガネっ子。自分のクローンが性処理道具の為に売られていることを知ってしまい、脱出を試みるアドベンチャーRPGです。--あらすじ--とある研究所の奥深くに、同じ姿をした無数の少女がいた。彼女達の名はマリネ(識別番号:marine-AI)。国が極秘裏に行っているクローン研究の実験体だった。彼女達は生まれてからずっと研究所の地下深くで暮らしていた。彼女達にとって楽しいことは、同じクローンとおしゃべりすることぐらい。外にいる人から見れば、どう見ても不幸な少女たちだが、彼女たちは幸せだった。彼女たちにとってそこが世界の全てなのだから――知らないということは幸せなことなのだから――しかしある日、研究者たちがクローンの使い道について話をしているところを偶然聞いてしまう。なんと、多くのクローンは性処理道具にされ、売買されていたのだった。ショックを受けるマリネ。彼女は自分のクローンたちにすべてを話し、この場所から出ることにした。しかし、出ようとするのを、研究員が邪魔してくる。研究所にいる、同じく実験で生まれた凶悪なモンスターをマリネたちに送り付ける研究者たち。マリネは脱出することができるのだろうか…--マリネ--クローン実験の被検体。現在100体以上いるクローンの最初に生まれた少女。オリジナルは勉強しかしてこなかった、地味でまじめな女の子。近眼で眼鏡をかけないと何も見えない。性的なことに興味がないだけではなく、オシャレや化粧にも全く興味がない。勉強が好きなので知識は豊富。頭脳派で計算高い思考も出来る。目的のためなら目の前が見なくなるタイプで、事実を知ってしまった彼女は、なんとしてでも研究所から出たいと思っている。
参考ダウンロード 価格:972円



クローン少女マリネ 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

クローン少女マリネ