美少女ゲーム 「 犠妹 〜背徳の契り〜 」が 2019年02月11日 付けで発売開始

犠妹 〜背徳の契り〜

2019年02月11日 付けで美少女ゲーム"犠妹 〜背徳の契り〜"の発売が開始されました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ


作品タイトル:犠妹 〜背徳の契り〜
発売日:2019年02月11日


作品紹介記事


名画「渇望の朝」。新進気鋭の画家、若尾和馬の作品とされるが、実際には和馬の師である村山安曇の作品ではないかとささやかれていた。事実、「渇望の朝」以降の和馬の作品は精彩を欠いており、それが噂に拍車をかけていた。そんな中、若尾和馬が心不全で他界する。残されたのは、実子の恭介、二年前後妻として若尾家に入った恵、そして恵の連れ子悠奈。遺言によって、和馬の全財産を相続することになった恭介は、不仲だった恵との絶縁を謀ろうとする。一方の恵は、和馬のパトロンをやれるほどの画廊を経営しているので、経済的には問題ない。籍こそ親子だが、完全に他人の関係を続けてきた二人だけに、その決別は互いに望むところかと思われた。しかし、恵は若尾家を出て行くことを拒んだ。恵の真意を測りかねる恭介。そんな恭介に恵は信じられない提案した。「自分達を家に置いてくれるなら、悠奈を好きにしてもいい」悠奈に兄妹以外の感情を密かに抱いていた恭介の心を見透かした恵の提案。悠奈が納得するはずがないと拒む恭介に対し、恵は自信をもって告げる。「悠奈は必ず首を縦に振るわ……だって、あの娘もあなたの事……フフフ」意味ありげに微笑む恵の誘惑に抗えなくなった恭介は、半信半疑のまま彼女の提案を受け入れた。そしてその夜、生贄として恭介に差し出された悠奈は、抗いつつも一つの約束をして恭介を受け入れる。「純潔だけは、守りたいの……」最後の一線を越えないという条件で、二人は淫らな禁忌の領域に突入した。二人の変化に、恭介の恋人で、悠奈の同級生でもある鮎風芹夏は違和感を感じる。恋人の自分よりも、妹の悠奈とより親しげに接する恭介への疑念が大きくなっていく。一方、娘を犠牲にしてまで、若尾家にとどまった恵の行動も不可解さが増していく。恭介が相続した絵画に対し、異様とも言えるほどの執着を持ち、何かを調べ続ける様子がうかがえた。そんな周囲の人間も巻き込みながら、恭介は悠奈との関係を続ける。やがて、恭介と悠奈の間に変化が現れ、彼らは螺旋のごとく絡み合った運命に促されるように、さまざまな結末を迎える。性奴隷の誕生、名画の真実、家族の和解、けなげな想いの成就、全ての破滅……最後に恭介と悠奈が見たものは……
参考ダウンロード 価格:2047円


犠妹 〜背徳の契り〜 取扱販売店は >>コチラ