同人サークル 花柘榴 は”双子狐。開通の儀”を 2019年02月14日 付けで発売を開始

双子狐。開通の儀

同人誌のサークル 花柘榴
は、2019年02月14日 付けで同サークルが制作した"双子狐。開通の儀"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:双子狐。開通の儀
発売日:2019年02月14日
パッケージ参考画像


サークル名:花柘榴
参考資料:双子 3P・4P ふたなり ファンタジー 処女 近親相姦 実妹 成人向け 男性向け しっぽ ネコミミ・獣系 拘束

作品紹介記事

<作品内容>ふたなり神様が双子狐に性の手ほどき。双子狐も子作りします。WEB漫画「稲狐の荼枳尼天」も同梱しております。「双子狐。開通の儀」稲狐の荼枳尼天から数年後。ほんのいたずら心から、琥珀と瑠璃の初めてを荼枳尼天が奪ってしまいます。兄妹は肉欲に溺れお互いの体を求めてしまいます。そして瑠璃は琥珀の子を…。※18禁作品です。15P(漫画部分12P)「稲狐の荼枳尼天」稲狐村がなぜそう呼ばれることになったか、そして稲狐稲荷神社ができるまで。荼枳尼天と双子狐の出会いの物語。※この作品は全年齢指定です。エロはありません。20P(漫画部分16P)<仕様>JPEG・PDFデータを収録。解像度(800×1113)
参考ダウンロード 価格:324円

双子狐。開通の儀 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

双子狐。開通の儀