同人サークル Atelier Curlicue は”本屋のお姉さん~罰ゲームからはじまる僕の初体験~”を 2019年02月22日 付けで発売を開始

本屋のお姉さん~罰ゲームからはじまる僕の初体験~
同人誌のサークル Atelier Curlicue は、2019年02月22日 付けで同サークルが制作した"本屋のお姉さん~罰ゲームからはじまる僕の初体験~"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:本屋のお姉さん~罰ゲームからはじまる僕の初体験~
発売日:2019年02月22日
パッケージ参考画像

サークル名:Atelier Curlicue
参考資料:逆レイプ フェラ 中出し ブラウザ視聴 逆転無し 男性向け おっぱい 断面図あり ラブラブ・あまあま 萌え 成人向け ショタ 巨乳 iPhone・iPad対応 Android対応

作品紹介記事


■あらすじ友人との格ゲー対戦に負け、罰ゲームとしてエロ本を買うことを命じられた和守。渋りながらも日ごろ通っている書店に向かうと、レジには知り合いの志鶴が座っていた。エロ本を隠しながら恐る恐る会計へと持っていく和守だったが、あっけなく志鶴に見つかってしまう。焦る和守の予想に反して志鶴は特に怒る様子もなく、「カズくんもそういうのに興味があるお年頃かぁ」と不思議な笑みを浮かべながら呟く。そして、和守を店の奥へと連れ込んだ志鶴は、その豊満な身体を使い、オンナの身体の魅力を教えてくれるのだった……。■人物紹介・志鶴(しづる)和守の近所に住んでいるお姉さんで、近所でも評判の美人さん。普段は町の小さな書店に勤めている。仕事が暇な時には近所の子○○たちの相手をしてくれるので、和守とも仲がいい。表向きは隠しているが、実は重度のシ○タコン。・和守(かずま)このお話の主人公。褐色肌のシ○タ。もちろん童貞。対戦ゲームが好きで、よく友達と罰ゲームをかけて遊んでいた。志鶴に憧れており、志鶴目当てに書店へ通ったりもしている。一人称は僕。■作品仕様基本枚数:8枚(差分・文字なし差分など含めて、合計150枚以上)サイズ :2400×1800pxテキスト:S型(Atelier Curlicue)編集・原案:O2(Atelier Curlicue)
参考ダウンロード 価格:518円



本屋のお姉さん~罰ゲームからはじまる僕の初体験~ 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

本屋のお姉さん~罰ゲームからはじまる僕の初体験~