同人サークル グレートキャニオン は”淫行教師の催眠セイ活指導録 橘弥生編~先生、愛しいあの人のためにうちにお子種付けたってください…~”を 2019年03月21日 付けで発売を開始

淫行教師の催眠セイ活指導録 橘弥生編~先生、愛しいあの人のためにうちにお子種付けたってください…~
同人誌のサークル グレートキャニオン は、2019年03月21日 付けで同サークルが制作した"淫行教師の催眠セイ活指導録 橘弥生編~先生、愛しいあの人のためにうちにお子種付けたってください…~"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:淫行教師の催眠セイ活指導録 橘弥生編~先生、愛しいあの人のためにうちにお子種付けたってください…~
発売日:2019年03月21日
パッケージ参考画像

サークル名:グレートキャニオン
シリーズ:淫行教師の催眠セイ活指導録
参考資料:辱め 処女 お嬢様・令嬢 学園もの 和服・浴衣 寝取り・寝取られ 中出し 催眠・洗脳 退廃・背徳・インモラル お尻・ヒップ FANZA専売 男性向け 成人向け コミケ95(2018冬) ブラウザ視聴 iPhone・iPad対応 Android対応

作品紹介記事


■ストーリー『相手を想いのままにできるセイ活指導手帳』この謎のアイテムを手に入れた仙能学園生活指導教師、深間蜜郎(ふかま みつろう)は次々に女生徒を毒牙にかけていく。非モテ街道を爆進中であった中年男にとってそれはまさに天国のような日々であったがひとつ大きな不満を抱えていた。『美人の女子は大半がすでに非処女である』事――今どきの若者の秩序の乱れを手前勝手に嘆きつつ次の獲物を探索している深間は次なる獲物を発見。橘 弥生(たちばな やよい)。家政科I年B組、京都の茶道家元の跡取り娘である。和服姿にはんなりとした物腰、雅な京言葉そしてその着物で映える少女らしからぬ臀部(ヒップ)で知られる女生徒である。校内を歩くだけで男子生徒達の股間に生殖テントを張らせてしまうそんなオナペット娘が離れの茶室でひとり茶道の稽古をすると耳にした深間はこれを好機と舌なめずりするのであった。「性活指導!うちコロッと忘れてましたわぁ」校舎から離れた古式ゆかしい茶室でまったく疑いの無い驚きの声を上げる弥生。深間の催眠手帳により、ありもしない、あってはならないような授業の存在をすっかり信じ込んでいる。「ご指導のほどよろしゅうお願いします」と指をついて頭を下げるその姿を見て深間の股間に高々とテントが盛り上がる。だがこのテントの中身は男子達と違いこれから弥生に存分にテントを張った本来の目的を成し遂げることができるのである…。さっそく深間は弥生の着物の裾から手を入れその品良く発育した体をまさぐりながら「橘はまだ彼氏などいないよな…?」などとセクハラ間違い無しの質問を投げる。しかし――「あの…許嫁でしたら居てます…」という弥生の発言に大きく動揺する。強く問いただすと、なんと同学園の古典教師、飯田酉夫(いいだ とりお)と親同士が決めた婚約関係だという。はにかみながら飯田の名前を上げる弥生の恋する乙女全開フェイスに絶望する深間。(これは確実に関係している)こんな瑞々しく実った女体を引っさげた親公認の婚約者に男の性欲が我慢できるものか。「おのれ飯田め…生徒とセックスするなどとッ!」完全に自らを棚に上げた怒りに打ち震える深間。だが――「してませんですけど…」と頭を振る弥生。驚愕に包まれながら話を聞くと飯田は一切弥生に手を付けていないという。つまり、橘弥生は処女なのだ。感激する深間は、たとえ婚約者であろうと生徒に手を出さない飯田の自制心に感涙しながら、弥生のうら若い柔肌にむしゃぶりつくのであった。弥生の着物の裾をまくって、彼女が祖母の言いつけを守って下着をつけてないことに涙しながら膣を広げ処女膜や菊紋をじっくり眺め好き放題クンニグリスをしその処女膣の味で邪悪に血管を浮き立たせて膨れ上がった剛棒を弥生の茶道の稽古で磨かれた滑らかな指先で手コキ奉仕させ、その愛らしい顔面に黄ばんだ精虫入り粘液をマーキングするように放精する。そしてついに貫通の時。中年男に『女』にしてもらうべく尻を上げ言われるままに挿入おねだりする京都娘の姿に発射したばかりの深間の生殖器も完全復活。避妊するからなどと言いつつよだれを垂らしつながら無防備な処女膣に槍先の狙いを定める。離れの茶室。もう誰もこの雄が目の前の雌を貫く事を邪魔する事は出来ず――「弥生ー、いるか?」「「 ! ? 」」その瞬間ふたりの心臓が止まる。茶室の外から聞こえたのは弥生の婚約者、飯田酉男の声。弥生がこの離れに来たのは、飯田と逢い引きするためであったのだ。セイ活指導手帳は一日にひとりまでしか使えない。慌てる深間。『性活指導は誰かに知られてはいけない』と思い込まされているために同じく慌てる弥生。そして、茶室のにじり口が空いて、ひょっこりと弥生が顔を見せる。ここはなんとかごまかさねばならない。戸から顔をのぞかせた状態で飯田と会話を弾ませる弥生。だがそんな恋人達の睦まじい姿を見せられ深間が黙っているはずがない。ふたりが愛を語らうその戸の向こう側で深間は弥生の着物の裾をめくりあどけない膣孔と綺麗な菊門を好きなだけ舐めほじり賞味する。飯田に気付かれないように耐える弥生に興奮しつつも深間はついに、股間の最大限に滾った生殖棒を小さく閉じた処女膣へと狙いを定めた。一方、茶室の外では飯田が弥生に真剣な面持ちで語りかけていた。「親同士の決めた約束事などでなく私の口から正式に申し込みたい…――弥生、どうか私と結婚してくれ!」ずぶっ!告白と同時に、深間のいきり立つ肉凶器が弥生の処女膜をえぐった。自分の目前で婚約者の純潔が喰われた事に一切気づかず照れながら「返事は後で聞かせてくれ」と足早に立ち去る飯田。愛に浮足立たず、もう少し注意深く観察していれば彼は中年淫行教師の醜悪な劣情から愛する少女を救うことができたのかもしれない。しかしそれももう遅い。『愛し合うふたりのプロポーズを耳にしながら、その少女の純潔を性欲のままに食い散らかしてしまった』なんという背徳感と征服感、そして達成感か。感涙しながら弥生の膣内の感触を味わい、さんざんオカズにした弥生の生尻と己の下腹部を密着させて、大喜びで腰を叩きつけ、勝利の祝砲と言わんばかりの大量の精液を弥生の膣内でスキン越しに極楽射精する深間。茶室の中に乙女と中年男のうめき声が断続的に響いた。弥生がそのような目に会っていることも知らずその婚約者である飯田酉夫は弥生への愛に思いを馳せまだ若いその情欲を発散するべく男子便所に駆け込んでいた。教師としての責任感と無垢な少女に手を付ける罪悪感から彼女に手を出しこそはしなかったが、長年ずっと彼女への情欲は胸に秘めていたのだ。また近ごろは彼女が学園裏サイト『オナペットランキング』で上位に食い込んでいることを知り、焦燥感に駆られる日々が続いていた。弥生を想い、便所内の個室で自らの股間を慰める飯田。しかし、その一方で、深間は茶室で彼が思う婚約者に好き放題の淫行を働いていた。彼女を抱きかかえ乳を吸いながら膣奥を突きまくり育ちの良い弥生に口でスキンを着けさせる練習を楽しみ唇を重ねながらのしかかり存分に腰を振り飯田が虚しく男子便所でトイレットペーパーに射精する最中、深間は彼の婚約者の大事な部分で彼の妄想以上の行為をしつつ吐精。茶室の上に使用済みコンドームをばら撒いていくのであった。そして――すっかり交尾臭漂うヤリ部屋と化した茶室で『性活指導下において作られた子供は愛する相手との子供と同義』と認識させられた弥生の無防備な脚の付け根に剥き出しのどす黒い繁殖欲求で張り詰めた中年男の珍宝が重くぶら下がった陰嚢内部でびちびちと蠢く精虫を量産しながら眼前の小娘の下腹部に自らの分身を植え付けるべくにじり寄る――ここから先は、本編でお楽しみください。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※■登場人物・橘弥生(たちばな やよい)本作ヒロイン。京都の茶道家元の跡取り娘。おっとりとした物腰で多くの生徒達から愛され放課後は和服に着替え、よく発育したヒップをふりふりしながら歩いて学園の男達の海綿体を無自覚に膨張させているオナペット女子。実は古典教師飯田と許嫁の関係である。性的進展は一切無し。・飯田酉夫(いいだ とりお)寝取られる彼氏。仙能学園古典教師。育ちも良いインテリ教師。弥生とは親同士が決めた許嫁。相思相愛ながらも教師である自分が生徒の弥生に手を出すのは如何なものかと理性を総動員させて手をつけていない。しかし毎日のように弥生の尻を想い激しくオナニーしている。・深間蜜郎(ふかま みつろう)生活指導教師。しがない非モテ中年男。彼女ナシ歴=年齢の人生を送っていたがある時手に入れた謎の『セイ活指導手帳』を手に入れてから、かねてからの願望であった学園の女生徒への淫行しまくりのバラ色ライフをエンジョイ中。■収録内容本文62+次回予告&あとがき・表紙差分などのおおまけ含め全70ページJPG(台詞あり) 70ページJPG(台詞なし) 70ページPDF(台詞あり) 70ページPDF(台詞無し) 70ページ画像サイズ 1500×1072 単ページ仕様合計280枚
参考ダウンロード 価格:691円



淫行教師の催眠セイ活指導録 橘弥生編~先生、愛しいあの人のためにうちにお子種付けたってください…~ 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

淫行教師の催眠セイ活指導録 橘弥生編~先生、愛しいあの人のためにうちにお子種付けたってください…~