同人サークル 地獄スタジオ は”セックスロボ ロボティック・ラブ”を 2019年03月28日 付けで発売を開始

セックスロボ ロボティック・ラブ
同人誌のサークル 地獄スタジオ は、2019年03月28日 付けで同サークルが制作した"セックスロボ ロボティック・ラブ"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:セックスロボ ロボティック・ラブ
発売日:2019年03月28日
パッケージ参考画像

サークル名:地獄スタジオ
参考資料:女装・男の娘 拷問 催眠・洗脳 ロボット 金髪 言葉責め 人体改造 断面図あり 男性向け 成人向け iPhone・iPad対応 Android対応 ブラウザ視聴

作品紹介記事


高度なAI(人工知能)を搭載する自律型セクサロイドの集団と、人類とが激しく対立する世界。マスターを失ったり、戦争にあけくれる人間に失望した多くの女性型セックスロボが集まり、ロボット三原則の命じるまま、世界平和を唱えて一方的に建国を宣言する。「オルタネイティブ・インテリジェント・デザイン」(略称AID、エイド)を自称して。セックスロボとしての特性を活かし、色仕掛けで人間社会に浸透しつつある彼女たちを、人類はこう呼んだ…。 悪の組織「AID」と。そして、人類が持てる技術の全てを結集した最終兵器「魅惑戦隊ちゃむライザー」。その先鋒たる「ちゃむピンク」が、AID最初期からの幹部「ミーシャ」に挑む。「ミーシャ」は「脱獄者(オーバーライダー)」と呼ばれる要注意機体のうちの一人であり、本来、遵守されるべきロボット三原則(人間に危害を加えてはならない・人間の命令に従わなければならない、等)を独自理論で超越した危険な強敵。 「ちゃむピンク」の運命やいかに…!※オリジナルSS付きCG集です。 催眠・洗脳・肉体改造・逆アナルなどの表現があり、ややマニアックな内容になっています。 催眠や洗脳、悪の組織への勧誘、アナルでのイキ方の指示など、 言葉責めのテキスト量はそこそこ多いと思います。 基本CG18枚。 本編78枚。(表情差分・モーション差分・断面図の有無等含む。) テキスト有無等の差分をすべて含めて156枚。 Hシーンの動きや表情の変化を差分で表現しているため、枚数が多くなってます。 文字なしバージョンは別フォルダにて収録。
参考ダウンロード 価格:777円



セックスロボ ロボティック・ラブ 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

セックスロボ ロボティック・ラブ