同人サークル ピエトロ は”向かいの人妻は想像より淫乱でビッチなおばさんだった。”を 2019年04月17日 付けで発売を開始

向かいの人妻は想像より淫乱でビッチなおばさんだった。
同人誌のサークル ピエトロ は、2019年04月17日 付けで同サークルが制作した"向かいの人妻は想像より淫乱でビッチなおばさんだった。"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:向かいの人妻は想像より淫乱でビッチなおばさんだった。
発売日:2019年04月17日
パッケージ参考画像

サークル名:ピエトロ
参考資料:熟女 人妻・主婦 巨乳 野外・露出 寝取り・寝取られ・NTR 中出し パイズリ おっぱい 少年 母親 男性向け 成人向け iPhone・iPad対応 Android対応 ブラウザ視聴

作品紹介記事


モテない童貞君の少年が向かいに住むお人よしの美人で巨乳の人妻のパンティがベランダに落ちてたので拾ってあげたらエッチな展開になって結果最後までヤってしまうお話です。■あらすじタクヤはドキドキしていた。それもそのはず手にしているのは向かいに住む美人で巨乳で超絶エロい人妻のパンティだからだ。そんな人妻の名は『レイコおばさん』。気さくでタクヤに良くしてくれるレイコおばさんは好きだった。いやむしろこのおばさんがエロくてめちゃくちゃ好きだ。レイコおばさんで毎日オ〇ニーをするほど好きで好きでたまらないのだ。そして、そんなレイコおばさんのパンティを手に取り今かと渡す瞬間だったのだ。 『ごめんなさいね私ったら…』 『あら…?』 『あっイヤこれは…そのっ違うんですッ!』と、レイコに声をかけられドキマギしていたのは言うまでもなく興奮がこぼれだした股間がふくれあがってビンビンになっていたのだ。そしてソレを指摘されたのだった。 『まぁ、こんなに大きくなって…』 『エッチなこと想像してたの?』 『ああッちょっと…おばさんッああッ!』と、積極的に股間の状況を聞かれズボンをズラされギンギンになったチ〇ポをにぎられペロペロじゅぼじゅぼとフ〇ラをされたのだった。 『ご近所同士、困ってるときはお互い様よ…』とレイコ。脳天を撃ち抜かれるほどの行為にタクヤはなにが起こったのか分からなかった。しかし、童貞であこがれのエロい人妻にそんなことをされてるのを止める理由はどこにもなく口では拒否を演じるも願ってもないチャンスと童貞の好奇心とはじめてチ〇ポに味わうフ〇ラの快楽にタクヤのカラダはヤりたいヤりたいとただ必死にうなるのだった。そしてこれをきっかけにタクヤとレイコはスケベの行為がエスカレートし徐々に止められなくなり淫乱と交尾の沼へとハマることになる―。基本21p、差分総数42p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。
参考ダウンロード 価格:604円



向かいの人妻は想像より淫乱でビッチなおばさんだった。 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

向かいの人妻は想像より淫乱でビッチなおばさんだった。