同人サークル とてつぶん は”風紀委員長が不真面目過ぎて彼氏の僕はちょっと困惑”を 2019年05月12日 付けで発売を開始

風紀委員長が不真面目過ぎて彼氏の僕はちょっと困惑
同人誌のサークル とてつぶん は、2019年05月12日 付けで同サークルが制作した"風紀委員長が不真面目過ぎて彼氏の僕はちょっと困惑"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:風紀委員長が不真面目過ぎて彼氏の僕はちょっと困惑
発売日:2019年05月12日
パッケージ参考画像

サークル名:とてつぶん
参考資料:ブラウザ視聴 Android対応 iPhone・iPad対応 成人向け 男性向け 委員長 オールハッピー ビッチ アナル フェラ 寝取り・寝取られ・NTR 乱交 クンニ 羞恥 イラスト・CG集

作品紹介記事


風紀委員長が不真面目過ぎて彼氏の僕はちょっと困惑彼女の蕩け穴が男根を欲しがってしょうがない件【登場キャラ】 清風 美紀・・・風紀委員長なのにエロ妄想好き 副丈 徹央・・・美紀の彼氏、副委員長で金魚の糞 不良たち・・・・校内で性行為をしている輩 先生・・・・・・JKを見て欲求不満な男【概要】放課後の校内で、風紀委員長と副委員長のふたりがセックスを始めるそこへ不良たちが現れて風紀委員長に性的な意地悪を開始する行為はエスカレートしていき、挿入を半ば強制するようになるただの女となった風紀委員長は恥ずかしいながらも受け入れてしまう不良たちの精子を搾り取った委員長の性器はまだ男の精子を欲していたが夜も更け…興奮からの疲労で全裸のまま寝てしまったところへ先生が巡視に来た記憶が朦朧となりながらも先生の性器を受け入れてしまい…果たして、朝を迎えたふたりは…【シーン】放課後の校内、美紀が徹央(以下、副君)を誘い、キスで抵抗てきなくしておいて服を脱がしていく抱きついてイチャイチャ、美紀が股間に副君の手を導く、濡れた指を確認してセックスを強請る勃起した事を認め、美紀がフェラを提案し、受け入れる副君美紀も服を脱いでセックスの準備を始める机に腰かけ、股を開いて性器を見せつける美紀、優柔不断な副君、そこへ不良グループが登場し現場を押さえらてしまう逃げ場のないふたりは、不良たちに弄ばれる特に性器を露わにした美紀は即座に性器を触れられ恥辱を味わう拘束されたふたりは、不良たちの玩具にされ、辱めを受ける口封じに撮影をしようと提案され、更にエッチな事をされて潮吹きしまう勿論、その瞬間も撮影されてしまう潮でびしょ濡れになった性器を不良の男の舌で舐められる教室を汚した罰として性行為を強制される事になるコンドームをちらつかせ、中出しはしない約束をするあたりは狡猾だ初めて彼氏(副君)以外からの挿入を許してしまった委員長だったが…次第に男なら誰でも良いと気づいてしまう…順番を待てない男たちは空いてる手や口へ勃起した男根を宛がうグループのリーダーが満を持して挿入してる最中に他の男たちは手コキやフェラで勃起を鎮めようとしていたそれを見ていた副君も堪らず参加を提案するが却下され弄ばれる羽目に…委員長の欲求はエスカレートしていき、ついにアナルも許してしまう男が下になり委員長が上に被さり更に男が被さるサンドイッチファック妊娠の心配のないアナルで思う存分に中出しする男暫しの回復を図った男たちは、雌のケツを向けて待ちわびる委員長に、順に後背位で入れ、最後まで精子を絞り出した副君は…というと…、不良の女の子たちにオモチャみたいに弄られてる最中だ服を脱がされ、全裸にさせられると 椅子に拘束されて、手コキや前立腺を刺激で、メスイキを経験十分遊びに満足した不良グループは、最後にまた記念撮影をしようと提案し、委員長は全身を精子なのか汗なのか不明の液で濡らしながらも、積極的に参加してしまう副君は、口封じに清掃用具入れのロッカーに閉じ込められ、身動きができない状態に… そして夜も更け…辺りは暗くなり…全裸で寝てしまった委員長だったが、当直の先生が巡視に来た際、見つかってしまう普段から欲求不満だった先生は、直ぐに不良グループの仕業と見抜くも、ためらう事なく、残りを頂く事に…なんと先生は、コンドームがない事を言い分けに、中出ししてしまう助ける事も無く、満足した先生は、そのまま、その場を立ち去るそして、朝が来て…【シチュ・ジャンル属性】寝取られ、男受け、男被虐、女受け、女被虐、無理矢理、複数プレイ、乱交、イチャイチャ、弄り、イジメ、女の裏の顔 基本和姦です【仕様】 CG集 1440x1080(縦横不定) 基本 16枚 差分 148枚(非エロ含む) 142枚(文字無し) 計 290枚
参考ダウンロード 価格:691円



風紀委員長が不真面目過ぎて彼氏の僕はちょっと困惑 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

風紀委員長が不真面目過ぎて彼氏の僕はちょっと困惑