美少女ゲーム 「 タマユラミライ 」が 2019年05月30日 付けで発売開始

タマユラミライ

2019年05月30日 付けで美少女ゲーム"タマユラミライ"の発売が開始されました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ


作品タイトル:タマユラミライ
発売日:2019年05月30日


作品紹介記事


□■ご注意ください■□本商品を利用するためには、「DMM GAME PLAYER」が必要です。DMM GAME PLAYERとは※「DMM GAME PLAYER」のダウンロード・インストールは無料で行えます。━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…彼女は、落とし物を探している。どこか異郷の薫り漂う町、深野市――そこは、かつてヒトとヒトならざる者、妖異たちがともに暮らした幽玄の地であった。ゆえに、深野は不思議な者たちの不思議な話に満ちている。神掛 由岐奈(かみかけ・ゆきな)は、友人とともに再び、この地を訪れた。出逢ったのは、魔法使いを名乗る少年、つまりは僕だ。むかしむかしの大昔、外つ国から来た魔法使いがいたらしく、夜羽 睦季(よはね・むつき)は、その後裔を拝している。水晶石 みだり(すいしょうせき・―)は、ヒトならざる者。淫魔にとっては死に至る病、恋に落ちてしまう。猫天宮 花子(ねこてんぐう・はなこ)は、かつて水神に仕えた御使い。いわゆるトイレの花子さんで、学園内の噂ならなんでも知っている。小伯 白(こはく・しろ)は、いつでも味方でいてくれる。魔法も妖異もなんにもわかっていないが、僕にとっては姉のような存在だ。魔法使いの御役目とは、そんな妖異たちが起こす不思議な事件を解決し、ヒトと妖異の間に調和をもたらすことにある。だが、神掛 由岐奈は、僕以上の霊力を持ち、生まれつき妖異の姿を見ることができる、鬼見の力まで持っていた。そんな彼女は、落とし物を探している。彼女と関わることで、やがて僕自身が魔法に関わるきっかけとなった事件まで掘り起こされていく。それはヒトと妖異と魔法使いが織りなす、長くて短い、一夏のおとぎ話――
参考ダウンロード 価格:7800円


タマユラミライ 取扱販売店は >>コチラ