同人サークル 間琴しや架 は”隣人に抱かれ続けるということ”を 2019年06月28日 付けで発売を開始

隣人に抱かれ続けるということ
同人誌のサークル 間琴しや架 は、2019年06月28日 付けで同サークルが制作した"隣人に抱かれ続けるということ"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:隣人に抱かれ続けるということ
発売日:2019年06月28日
パッケージ参考画像

サークル名:間琴しや架
参考資料:拘束 人妻・主婦 巨乳 寝取り・寝取られ・NTR 中出し ぶっかけ 顔射 イラマチオ iPhone・iPad対応 ブラウザ視聴 Android対応 退廃・背徳・インモラル おっぱい 男性向け 成人向け

作品紹介記事


宮野彩(27)と夫・陽一(28)は土地勘のない郊外の住宅街に越してきてすぐの転勤族。陽一を愛している専業主婦の彩だったが、その夫は仕事で忙しく、性生活のほうも早漏気味で、ほんの少しの孤独と寂しさを抱いていた。彩は見るからに好々爺の隣人・武田から地域のことや料理を教えてもらうなど親切にされ、あだ名で呼ぶほど心を許し夫の不在中家に入り浸ってしまう。「ていうか…男だよ?一人暮らしだよ?」「大丈夫だって!おじいちゃんだもん!」陽一の心配をよそに屈託なく笑う彩。そして陽一に三日間の出張の日がやってきて…。完全に信頼しきっている彩の豊満な肉体に、隣人のいやらしい毒牙が忍び寄る…!本編50ページ、モノクロコミックです。
参考ダウンロード 価格:604円



隣人に抱かれ続けるということ 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

隣人に抱かれ続けるということ