同人サークル IRON Y は”娼婦になった妻が絶頂ベロキス生中出しされた日 ~その1・入店編~ (メイド娼館の日常シリーズ)”を 2019年07月25日 付けで発売を開始

娼婦になった妻が絶頂ベロキス生中出しされた日 ~その1・入店編~ (メイド娼館の日常シリーズ)
同人誌のサークル IRON Y は、2019年07月25日 付けで同サークルが制作した"娼婦になった妻が絶頂ベロキス生中出しされた日 ~その1・入店編~ (メイド娼館の日常シリーズ)"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:娼婦になった妻が絶頂ベロキス生中出しされた日 ~その1・入店編~ (メイド娼館の日常シリーズ)
発売日:2019年07月25日
パッケージ参考画像

サークル名:IRON Y
シリーズ:娼婦になった妻が絶頂ベロキス生中出しされた日
参考資料:メイド 人妻・主婦 ショタ 寝取り・寝取られ・NTR 中出し フェラ 売春・援交 浮気 風俗・ソープ 言葉責め FANZA専売 男性向け 成人向け

作品紹介記事


メイド娼館「旭楼」で働くことになった人妻プレイメイドいづみは、事業に失敗した夫のため、自ら客をとることを選んだ。客たちは人妻プレイメイドで欲望を満たそうと群がり、チンポを勃て、押しつけ、こじ挿れようと息を荒くする。いづみは精液と金を搾り取ろうと、客のチンポをいなし、なだめ、慰め、こすりあげ、舐めあげ、締めつける。本気になってはいけない。快楽に溺れてはいけない。娼婦となった女はチンポ対理性の戦いに負けずにいられるのか?「大丈夫よ。わたし、あなたのためにがんばるから」傍観するしかない夫は、今日も娼婦となった妻を信じて送り出す……。(同時配信の2巻に続きます)●あらすじ夫の借金のためにメイド娼館で働くことになった新妻いづみ。いづみの若い身体に娼館の客の誰もが舌なめずりするが、いづみは手コキサービスのみのプレイメイドだった。しかし、EDである夫の達也と相談し「ゴムハメなら本当にセックスしたことにはならないから」とついに客たちに身体を開くことを決意する。キモい客の福田、ドSな客の河合、本気でいづみに恋をする若い客の武田。それぞれがそれぞれのアプローチでプレイメイドいづみを堕としにかかる。結婚前からモテてたいづみは、敏感体質で元々セックスが好きだったため、夫がEDになってから喪失感を感じていた。本気になってはいけない、感じてはいけない、そう思えば思うほどいづみの身体は客たちの欲望に挫けそうに……。その一方、自分が愛する妻いづみを抱きたくても抱けない夫の達也も仄暗い欲望を燻らせていた。いづみが客に抱かれていると思うだけでEDを克服できそうな予感がしていた達也は、ついに禁断の「ナマ中出し」オプションをいづみに許す。そして……。●世界観格差社会が極まった近未来。女性の働き場は少なく自立が難しくなり、そのため共働きも成立しないので結婚ができる男は金持ちだけ、という時代。運良く金持ちの男と結婚するか、その専属メイドという名の契約愛人になるか、あるいは数少ない働き場であるメイド娼館でプレイメイドになるか。女は三択の生き方を強いられている。【作中にある表現】客たちから執拗に本番やフェラをねだられながら手コキまんこを見ながらオナニーする客の鼻息で感じるEDの夫が聞きたがるので、客の話をしながら手コキやフェラ客とのプレイは最初は手コキのみだが→ゴムハメ→フェラあり→生ハメ中出しOKとエスカレートしていくショタオーナーとのセックス研修で、かわいいセックスだったので思わず浮気キス風俗掲示板で妻のスレッドが立ちプレイ報告などがされるのを見てしまう夫夫の事を意識させながら言葉責めしつつ抱くキモい客今までで一番太い客のチンポにマンコが広げられることを心配する客に謝らされながらエッチ夫には「客に抱かれてもイかないし上手くあしらっている」と言い張っている客に罵られながら生中出しされる枕やシーツに顔を埋めてフーフー涙と鼻水と唾液断面図寝バックドスケベメイド服のままエッチマングリファック客に大量中出しされた事を聞かされながらクンニするED夫
参考ダウンロード 価格:5円



娼婦になった妻が絶頂ベロキス生中出しされた日 ~その1・入店編~ (メイド娼館の日常シリーズ) 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

娼婦になった妻が絶頂ベロキス生中出しされた日 ~その1・入店編~ (メイド娼館の日常シリーズ)