同人サークル ボッテボテ は”『かなめけ』第一弾~ななか編~”を 2019年07月24日 付けで発売を開始

『かなめけ』第一弾~ななか編~
同人誌のサークル ボッテボテ は、2019年07月24日 付けで同サークルが制作した"『かなめけ』第一弾~ななか編~"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:『かなめけ』第一弾~ななか編~
発売日:2019年07月24日
パッケージ参考画像

サークル名:ボッテボテ
参考資料:イラスト・CG集 妊婦 巨乳 野外・露出 中出し 母乳 ラブラブ・あまあま 少女 きせかえ 男性向け 成人向け

作品紹介記事


『かなめけ』第一弾~ななか編~ 変態露出好きでバブみが高いななかママのおじさん育児編 【世界観】 少子高齢化が進み未婚化の社会ができあがってしまっている昨今。 女性は初潮が来たらどんなに幼くても妊娠、出産をすることが倫理的にも許されていた。しかし、まだその社会倫理が普及してから十数年という時しか経っておらず、 受け入れている者、戸惑いがある者、抵抗がある者、受け入れられない者など様々な人達がいるそんな時代のお話。この世界の学校制度では子を授かると産休学という出席日数に足してもいい休学制度がある。その制度を利用してななかの母親あおいは幼くして要姉妹達を産んでいた。しかし産休学が毎年重なり出席日数が足らずに留年してあおいはまだ学校に通っていた。 殆どの子達は進級するのだが、あおい(母)は真面目・・・融通の利かない性格が災いして授かるたびに律儀に留年を繰り返し、また学業だけではなく子育ての方も妥協せずにとなぜか体を鍛えさせ、 遺伝の影響で姉妹達は運動神経抜群で大柄な男性1人持ち上げるくらいには力持ちに育った。※別作品の『すくすくベイビー』も同シリーズ(以降『すくベイ』)本作品の『かなめけ』に登場するななか含めて要(カナメ)姉妹は『すくベイ』の棗姉妹の従妹にあたる。 『すくべい』とは棗(ナツメ)家の母親が経営している政府公認の托卵サービスのお店。また、他シリーズ見てなくても基本的には問題ありません。 【プレイ内容】(1)母性の目覚め(2)ななかママによる筆おろし(3)ミニSLの上でパイズリ(4)ピクニックの昼食時間に赤ちゃんへのご飯タイム(5)女の子とだるまさんが転んだ遊び中のイタズラ(6)横断歩道逆駅弁歩行(7)おんぶ競走中に素股(8)学校説明会の案内所でこっそり赤ちゃんへのご飯タイム(9)赤ちゃんのハイハイレースでななかママも自分の赤ちゃんを参加させる(10)ママさんイベント会場で出産 【その他】それぞれのイベント終了毎にママさんイベント実行委員からの ななかママ達を見た事による注意喚起やお願いなどの便り【着せ替えソフト】・Web版のアプリですのでインターネット接続が必要です。 使い方は付属の『ご使用の前にお読み下さい』メモを閲覧下さい【その他】 基本CG10枚+おまけ 文字あり:309枚 文字なし:312枚 (説明文など一部だけ被りあります。プレイ内容の(2)~(9)は全て通常→ボテ1→ボテ2差分あり。 ただ内容は基本的に同じ。)・本編の画像サイズは基本的に「1280×960」(体験版は半分のサイズ)・出産表現や太ったおじさんとのプレイがありますので苦手な方は注意して下さい ・ファイル形式は「JPEGとPDF」・最後に修正や追加の可能性もありますので サイトに登録してからの購入お願い致します【企画、シナリオ】マタプロ【シナリオ監修、イラスト、ロゴデザインその他】かくうめ様 スマートフォン版では【着せ替えソフト】は対応しておりません。パソコン版でのダウンロードのみの対応となっております。
参考ダウンロード 価格:604円



『かなめけ』第一弾~ななか編~ 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

『かなめけ』第一弾~ななか編~