同人サークル 屁理屈流通センター は”処女先生とエロ男子 ~挿れっぱなしの夏~”を 2019年08月22日 付けで発売を開始

処女先生とエロ男子 ~挿れっぱなしの夏~
同人誌のサークル 屁理屈流通センター は、2019年08月22日 付けで同サークルが制作した"処女先生とエロ男子 ~挿れっぱなしの夏~"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:処女先生とエロ男子 ~挿れっぱなしの夏~
発売日:2019年08月22日
パッケージ参考画像

サークル名:屁理屈流通センター
参考資料:クンニ 学園もの 女教師 巨乳 中出し フェラ ストッキング ラブラブ・あまあま 陰毛・腋毛 断面図あり 男性向け 成人向け

作品紹介記事


【あらすじ】落ちこぼれ男子、トビオは夏休み初日だというのに学校にいた。補習授業のため、担任のサヤカ先生(25歳独身)に呼び出されたのだ。トビオは、地味でドジっ子のサヤカ先生を密かに慕っており、毎晩彼女をオカズに抜いている。だが休みを割いての補習には閉口気味だった。二人きりの教室。ふとトビオはイタズラ心から、サヤカ先生の前で全裸になってみせる。――すると、先生の様子がおかしい。なんと彼女までが服を脱ぎ始めたのだ!小さめのブラに押し込めていた巨乳や、濃い目の陰毛をトビオの眼前にさらすサヤカ先生。呆気に取られるトビオに、彼女はこう叫んだ。「トビオくん、私の処女を奪ってください!」――実は、サヤカ先生もトビオにただならぬ好意を抱いていたのだ。彼女もまた毎夜トビオを想像し、クリトリスが肥大するほどオナニーに耽っていたという。清楚に見えたサヤカ先生は、裏では相当な妄想スケベ女子だった…!感極まったトビオは、サヤカ先生を抱きすくめる。誰もいない真夏の教室で、全裸で抱き合う二人。処女と童貞の汗まみれの初体験の行方は、果たして…?!凌辱、NTRなど鬼畜要素一切なし!教師と生徒がひたすらイチャラブセックスするだけの内容です。【構成】サイズ:1131×1600(一部 1600×1131)PDF同梱基本CG:22枚本編:75枚文字なし:75枚総数:150枚
参考ダウンロード 価格:756円



処女先生とエロ男子 ~挿れっぱなしの夏~ 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

処女先生とエロ男子 ~挿れっぱなしの夏~