同人サークル The Nation of Head Scissors は”Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう-“を 2020年11月21日 付けで発売を開始

Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう-
同人誌のサークル The Nation of Head Scissors は、2020年11月21日 付けで同サークルが制作した"Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう-"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう-
発売日:2020年11月21日
パッケージ参考画像

サークル名:The Nation of Head Scissors
シリーズ:Girls Beat
参考資料:アクション・格闘 SM 拷問 スポーツ選手 体育会系 言葉責め 男性向け 成人向け

作品紹介記事


美人格闘姉妹とのハンディキャップマッチ!【概要】柊ゆうな・柊みう姉妹に敗北したカズヤは、特訓を重ね、以前よりも強い格闘家へと短期間で成長した。その噂を聞きつけた柊みうは、カズヤに対してリング上でのハンディキャップマッチを申し込む。カズヤにとっては、2vs1という不利な状況だが、カズヤは姉妹への雪辱を果たすため、この申し出を受け入れる・・・【登場人物】カズヤ:北辰流古武術の使い手。姉の柊ゆうな、妹の柊みう、それぞれとの対戦で破れてしまった過去を持つ。その悔しさをバネに厳しい修行を自らに課し、肉体改造を行った上で、姉妹との再戦に挑む。柊ゆうな(特別出演):柊みうの姉。普段は妹思いの優しい姉であるが、真面目であるため、手加減が出来なくなる場合がある。ファイトスタイルは、妹とは対照的で、性格的に打撃を苦手としている為、主に密着系の寝技を好んで使用する。柊みう(特別出演):柊ゆうなの妹。普段は姉思いの女の子だが、勝負事となるとブレーキが効かなくなり、喧嘩っ早い側面を持つ。ファイトスタイルは、スピードを活かした打撃を中心とするが、最近は姉の柊ゆうなから、絞め技・関節技などを学んでおり、姉ほどの実力はまだないものの、実戦で十分に通用するレベルに到達している。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・SPECIAL THANKS!!!ほのるる様・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors
参考ダウンロード 価格:616円



Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう- 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう-
WEB SERVICE BY DMM.com
コミック 同人誌
美少女ゲーム・同人誌のプレスリリースならアニメプレスリリース
タイトルとURLをコピーしました